トップ > 小顔メイク > 小顔メイクのポイントは立体感

小顔メイクのポイントは立体感

小顔になりたいいう場合の方法には、メイクの重要なポイントに 「立体感」というものがあります。

私たち人間の顔というのは、平面ではなくて、 凹凸のある立体的な顔をしています。

その立体感を把握して、綺麗に作り上げていくことで、 メイクによっても小顔効果が得られるのです。

では、具体的な例をあげてみましょう。

まず分かりやすく言うならば、 小顔メイクて作る立体感とは、 顔の高いところは、明るく仕上げて、 低いところは単純に暗く仕上げるというのが、基本となります。

おでこや鼻筋は、顔で一番高い部分となり、 頬や鼻の周りなどは、一番低い部分になります。

その部分をより効果的に立体感を出すために、 メイクをしていくと考えます。

簡単な方法としては、鼻筋やおでこなどにはハイライト、 頬などの低い部分には、コンシーラーやダーク系のチークを 使うのが一般的でしょう。

メイクにかなり慣れている上級の方々は、 ファンデーションを2色使いすることで、 より自然な立体感が出せるので、お勧めです。

顔の高い部分には、明るめのファンデーション、 逆に低めの部分には、1トーン下げた、少し暗めのファンデーションを 使うことによって、美しい小顔メイクになることでしょう。

立体感を出すために、小顔メイクをする際に 注意しなければならない点は、色の変化を急激につけないことです。

不自然にならないように、 あくまでも自然に立体感を出し、整えていくことが重要なので、 色の上下は1トーン程度にしたほうがよいでしょう。

さらに、凹凸部分を自然になじませるように、 丁寧に色の境目を、ぼかすことが必要です。

この記事のカテゴリーは「小顔メイク」です。
小顔メイクというのは、ただメイクをするのではなく、顔の凹凸を利用して、メイクでその凹凸にメリハリをつけていき、目の錯覚を利用して小顔に見せるようにするテクニックです。
関連記事

メイクを見直して小顔に見せるための方法を探そう

小顔にするためにメイクを工夫しましょう。小顔メイクのポイントは立体感です。顔のパーツにそれぞれ立体感を持たせると小顔に見せることができるのでコツを覚えましょう。

小顔効果の化粧品成分

小顔に見せるためには、メイクで小顔を印象づけるという方法もあります。なにも骨格...

小顔をベースメイクで

普段メイクをする上でも重要ですが、 「ベースメイク」は、小顔メイクを作る上でも...

口紅選びと塗り方について

メイクの必須アイテムである口紅は、 小顔メイクにも必需品です。自分に合った口紅を...

アイメイクのポイントとは

普段のメイクでもそうですが、 目元にポイントを置くということも、小顔メイクにとっ...

カテゴリー
最新記事
ストレス解消法