トップ > ダイエット小顔法 > 小顔にダイエットをするのに、気をつけるのは

小顔にダイエットをするのに、気をつけるのは

小顔と大顔の違いはなんでしょうか?それは、エラが張っているいるという骨格に問題があることもありますが、多くの人は顔に脂肪が多すぎたり、むくんでいることが問題です。

エラが出るのを止めたいと思ったら、エラが出ている顔だったらにあるようなことをしたり、思い切って美容整形でエラ削りをすることになると思います。

むくみは、小顔体操でむくみをとり血行促進をするなどいくつのことが書いてあります。

では、顔に脂肪が多過ぎるとと思ったら、脂肪を減らすのなら当然のようにダイエットを考えますね。ダイエットのやり方は、数え切れないくらい方法がありますが、正しいダイエットであれば基本は同じです。

要するに、ダイエットは摂取カロリー < 消費カロリーにすれば、やがて脂肪が不足したカロリーとして使われるますから、食事を減らすわけです。問題は、カロリーは減らしても、栄養は偏りがなく、必要な栄養は欠かさないことを考えたダイエットをしなければなりません。

ですから、高栄養で低カロリーなものを食べるようにします。肉、魚、卵を150グラムくらいは食べるけれど、あとは野菜、海藻、豆を食べるようにしていればほとんどダイエットはできます。
気をつけなくてはいけないのは、間食とジュースです。できれば、1ヶ月くらいはこれらを禁止して体重が減るのを確認してから、そのペースを乱さない程度に食べるようにしましょう。

あとは、いかに空腹感との戦いです。ストイックな人ならば、空腹も耐える自分に満足して続けられるかも知れませんが、通常の人は空腹でストレスをためてしまい、何かのきっかけで食べてしまうとリバウンドしてしまいます。
そのためにも、野菜を豊富に摂ります。野菜ならばカロリーを気にしなくても食べた分だけ高カロリーな食品が食べられなくなります。ただし、野菜にドレッシングをかけすぎるとけっこうカロリーが増えますから、ノンオイルのドレッシングにするとか、野菜を生でなく食べることをお勧めします。

そしてもう一つが、消費カロリーを増やすことです。これは健康なやり方ですが、実は運動での消費カロリーというのは思ったほど多くはないのですね。ですから、エクササイズをやっても、終わったらビールを飲んだりして意味がなくなる可能性は高いです。
もちろん、継続して運動を続ければ健康にもいいですから、それは意味があります。散歩でもジョギングでもサイクリングでも、有酸素運動を週に2,3回は1時間程度を習慣にすれば、そしてその消費カロリーを越えるような摂取カロリーをしないようにすればよいのです。

でも、もうひとつ、基礎代謝カロリーを上げるのがお勧めです。基礎代謝カロリーは、何もしなくても使われるカロリーですから、高ければそれだけでダイエットができます。
基礎代謝カロリーを増やすのには、筋肉を増やすしか手はないのです。別に筋肉もりもりになる必要はなく、少し胸(大胸筋)や太ももに筋肉を増やすことをすればよいのです。


この記事のカテゴリーは「ダイエット小顔法」です。
小顔になりたい人は、ダイエットをそれに相応しい方法があります
関連記事

小顔ダイエットは顔が太った原因別に行うと効果的

小顔ダイエットをしていても成果が得られないと思っている人は、自分の顔が太っている原因に合っていないダイエットをしている可能性があります。原因に合ったダイエット方法を見つけましょう。

小顔にダイエットをするのに、気をつけるのは

小顔と大顔の違いはなんでしょうか?それは、エラが張っているいるという骨格に問題が...

エステでプロの小顔ダイエット

小顔に憧れてご自分で、色々なマッサージやダイエットを試し、 小顔に近づけようと実...

脂肪太りが原因の時の小顔ダイエット

さまざまな顔太りの原因がありますが、 ご自分が、固太りかむくみかなどと、どのタイ...

固太りが原因の時の小顔ダイエットは

顔の太り方は、それぞれの方々で原因が違い、 なかには固太りの為に、顔が大きく見え...

カテゴリー
最新記事
ストレス解消法